ページの本文へ

Hitachi

デジタルソリューション

さまざまな開発現場で活用できる「モデルベース開発」を知ろう! さまざまな開発現場で活用できる「モデルベース開発」を知ろう!

さまざまな開発現場で活用できる「モデルベース開発」を知ろう!

近年、自動車業界などで「モデルベース開発」と呼ばれる手法がトレンドになっています。モデルベース開発(MBD:Model Based Development)とは、簡単にいうと「シミュレーション技術を活用した開発手法」です。仕様や動きなどをシミュレーター上で可視化し、いわば「動く仕様書」としてのモデルをつくることで、開発に向けたさまざまな検証や品質評価を高い精度で行えるようになります。各工程における手戻りを大幅に減らせるようになるほか、コスト削減や開発期間の短縮などメリットはさまざま。今後もより多くの業界や現場で導入されることが必須ともいわれている「モデルベース開発」の効果や実例などを詳しくご紹介します。

POINT

1.近年、自動車業界や多くの開発現場で「モデルベース開発」が注目されている。
2.「モデルベース開発」とは、仕様や動きなどをシミュレーター上で可視化し、いわば「動く仕様書」としてのモデルをつくること。
3.「モデルベース開発」によって手戻りを防げるようになり、コスト削減や開発期間の短縮などのメリットがある。

自動車業界で導入必須となりつつある「モデルベース開発」とは?
https://www.hitachi-solutions.co.jp/smart-mobility/sp/column/column2022031801/



関連ソリューション

スマートモビリティソリューション
https://www.hitachi-solutions.co.jp/smart-mobility/sp/