ページの本文へ

Hitachi

デジタルソリューション

渋澤健氏が語る「日本が再びイノベーション大国になるために」【PROWISE WEB】 渋澤健氏が語る「日本が再びイノベーション大国になるために」【PROWISE WEB】

渋澤健氏が語る「日本が再びイノベーション大国になるために」【PROWISE WEB】

PROWISE WEBにて好評連載中の「なぜ今、サステナビリティ経営が必要なのか」。

第2回は、「日本が再びイノベーション大国になるために」を公開。

すべてが激しく変化する時代において、サステナビリティが意味するものは現状の維持・持続ではない。
むしろ、時代の波に飲まれることなく、イノベーションを起こし続けることこそがサステナビリティ経営の基本であると、渋沢栄一の5代目の子孫であり、シブサワ・アンド・カンパニー株式会社 代表取締役である渋澤健氏は指摘する。
「失われた30年」と呼ばれる日本経済の停滞を、どうすれば乗り越えられるのか。そのヒントを渋沢栄一の『論語と算盤』から紐解いていく。

続きはこちら:日本が再びイノベーション大国になるために

第1回も読む: 明治時代からすでにあったサステナビリティ経営