ページの本文へ

Hitachi

デジタルソリューション

渋澤健氏が語る「明治時代からすでにあったサステナビリティ経営」【PROWISE WEB】 渋澤健氏が語る「明治時代からすでにあったサステナビリティ経営」【PROWISE WEB】

渋澤健氏が語る「明治時代からすでにあったサステナビリティ経営」【PROWISE WEB】

PROWISE WEBにて連載中の「なぜ今、サステナビリティ経営が必要なのか」

第1回は、「明治時代からすでにあったサステナビリティ経営」。

渋沢栄一は明治時代に日本初の銀行を発足させた。お金の循環が企業の発展を後押しし、「富の永続」と「幸福の継続」をめざすことができる。
銀行の設立には、こうした思いが込められていた。では、現代にも通じるサステナブル(持続可能)な考え方は、この令和の時代ではどのように経営に取り入れていけばいいのか。
渋沢栄一の5代目の子孫であり、シブサワ・アンド・カンパニー株式会社 代表取締役である渋澤健氏にそのヒントをお聞きした。

続きはこちら「なぜ今、サステナビリティ経営が必要なのか