ページの本文へ

Hitachi

デジタルソリューション

さまざまな「多要素認証」でセキュリティレベルを高めよう! さまざまな「多要素認証」でセキュリティレベルを高めよう!

さまざまな「多要素認証」でセキュリティレベルを高めよう!

指紋認証や顔認証など、近年ではパスワード以外の認証方法が増えてきました。身体を使った「生体情報」のほかにも、秘密の質問のように本人だけが知っている「知識情報」や、本人だけが所有しているクレジットカードなどを認証に使用する「所持情報」といったものがあります。セキュリティレベルを高めるために、いくつかの認証方法を組み合わせて設定する「多要素認証」が重要になってきました。その背景にあるのは、サイバー攻撃の増加やニューノーマルにおける働き方の変化に伴うセキュリティのリスクの増大です。この記事では、多要素認証の安全性を高める3つのポイントを紹介します。時代の変化にあわせて新しい認証方式を採用し、セキュリティ強化に努めていきましょう。

POINT

1.生体情報・知識情報・所持情報など、認証方法が増えてきた。
2.さまざまな認証方法を組み合わせる「多要素認証」がセキュリティ対策に効果的。
3.サイバー攻撃の増加や働き方の変化など、「多要素認証」でセキュリティレベルを高めていくことが重要。

多要素認証とは?セキュリティレベルを上げる3つの運用ポイントも解説
https://www.hitachi-solutions.co.jp/okta/sp/column/idaas-mfa/


関連ソリューション

IDaaS-クラウド型ID管理・統合認証サービス「Okta」
https://www.hitachi-solutions.co.jp/okta/sp/