ページの本文へ

Hitachi

デジタルソリューション

セキュリティインシデント対策に注目されている「PSIRT」を徹底解説! セキュリティインシデント対策に注目されている「PSIRT」を徹底解説!

セキュリティインシデント対策に注目されている「PSIRT」を徹底解説!

製造、流通・サービス、農業など、さまざまな産業分野でIoT機器が導入されるようになりましたが、同時にIoT機器の脆弱性を狙ったサイバー攻撃も増加傾向にあるといわれています。そこで注目されているのが、IoT機器の脆弱性を検証し、セキュリティインシデントに迅速に対処する「PSIRT(Product Security Incident Response Team)」です。「PSIRT」は、企業内のネットワークや情報システムにおける、脆弱性やセキュリティインシデントに対応する「CSIRT(Computer Security Incident Response Team)」と似ていますが、セキュリティ対策の対象やステークホルダーは異なります。PSIRTの活動内容やPSIRTの体制を確立するために必要なポイントなどを知り、セキュリティインシデントに迅速かつ的確に対処できる体制を構築しておくことがおすすめです。

POINT

1.近年、さまざまな産業分野でIoT機器が導入されている。
2.IoT機器の普及と同時に、サイバー攻撃も増加傾向にある。
3.PSIRTの体制を構築することで、セキュリティインシデントに迅速かつ的確に対処できるようになる。

IoT時代に重要なPSIRTとは?CSIRTとの違いも解説
https://www.hitachi-solutions.co.jp/security/sp/column/iot/05.html

関連ソリューション

PSIRT構築コンサルティング
https://www.hitachi-solutions.co.jp/security_consul/sp/psirt.html