ページの本文へ

Hitachi

デジタルソリューション

【RPAの専門家が解説!(2)】紙やハンコが必要な「社内対応」もテレワークでできる 【RPAの専門家が解説!(2)】紙やハンコが必要な「社内対応」もテレワークでできる

【RPAの専門家が解説!(2)】紙やハンコが必要な「社内対応」もテレワークでできる


テレワークの普及とともにRPAの活用が進んでいますが、印鑑や紙などを必要とする「社内対応」が大きなハードルとなっています。経理担当者をはじめ、テレワークにおいても会社に出社して書類を作成しなければと考えている方も多いのではないでしょうか。しかし、RPAの導入とあわせて「ワークフローシステム」を構築したり、「承認や稟議などのプロセスを電子化」することで、オンラインで完結することができるようになります。その方法やポイントをRPAの専門家が解説いたします。

POINT

1.印鑑や紙を必要とする、「社内対応」がテレワークにおけるハードルとなっている。
2.ワークフローシステムの構築や承認プロセスの電子化などで、社内対応をオンラインで完結させることも可能。
3.社外の人材も含めた運用や活用方法を検討してみることが重要。

RPAを遠隔で活用すれば、社内対応必須業務もテレワークが可能になる!?
https://www.hitachi-solutions.co.jp/rpa/sp/column/rpa_vol09/



関連ソリューション

RPA運用支援クラウドサービス
https://www.hitachi-solutions.co.jp/rpa/sp/products/rpa_cloud/

JP1連携ソリューション for RPA
https://www.hitachi-solutions.co.jp/rpa/sp/products/jp1/

Automation 360
https://www.hitachi-solutions.co.jp/rpa/sp/products/automation_360/

Workato
https://www.hitachi-solutions.co.jp/rpa/sp/products/workato/