ページの本文へ

Hitachi

デジタルソリューション

DMPで多様な顧客情報の管理・分析と効果的なマーケティングを実現 DMPで多様な顧客情報の管理・分析と効果的なマーケティングを実現

DMPで多様な顧客情報の管理・分析と効果的なマーケティングを実現

DMPで多様な顧客情報の管理・分析と効果的なマーケティングを実現(マーケティング)

現代のマーケティングにおいて、さまざまな顧客情報を活用するデータドリブンの戦略立案が注目されています。膨大なデータを管理するためのツールは多くありますが、その中でも特に重要なのがDMP(Data Management Platform)です。DMPは「データ管理プラットフォーム」とも訳され、インターネット上にあるさまざまなデータや自社で蓄積した顧客データなどを収集・分析し、ユーザーごとに異なる属性や趣味嗜好といった傾向を抽出できます。
つまり、個々のユーザーの動向などの情報をビッグデータとして活用できるようになり、ユーザーの一人ひとりに最適化した、いわゆる「One to Oneマーケティング」ができるのです。ここでは、DMPの種類や代表的な3つの機能、導入におけるメリットとデメリットなどを紹介します。

POINT

1.DMPはデータを管理・活用するプラットフォーム。
2.DMPの種類と用途の違い。
3.DMPが持つ3つの代表的な機能。

DMPで多様な顧客情報の管理・分析と効果的なマーケティングを実現