ページの本文へ

Hitachi

デジタルソリューション

ユースケースから学ぶ、つながる工場の実現 ユースケースから学ぶ、つながる工場の実現

ユースケースから学ぶ、つながる工場の実現

連載『"失敗しない、止まらない"IoTプロジェクトの処方箋』#04 IoTプロジェクトの実践、つながる工場を目指すユースケースより (マニュファクチャリング)

IoT(Internet of Things)に、社内向けや社外向けという区別はありません。1つの技術を実用化すれば、社内利用もお客さま向けにも使えるはずです。これからの製造業は" 良い製品(モノ)を作って売る"だけではなく、" 良い製品(モノ)と、モノから得られる情報(データ)をサービス(コト)を提供する"ことができるようになります。そのデータを活用していくと、さらに上質な顧客体験を生みだすようになるはず。より安く、より良い製品をつくるために。製造業における具体例を参考に、IoTプロジェクトの推進に役立ててください。

POINT

1.IoTプロジェクトは長期にわたるため、綿密な計画が重要。
2.これからは、あらゆるモノからデータが取れるようになり、そのデータの活用で価値を生みだす。
3.製造業での実例を挙げながら、具体的なステップがわかる。

ユースケースから学ぶ、つながる工場の実現