ページの本文へ

Hitachi

デジタルソリューション

GISを駆使した国内・海外の最先端農業とは GISを駆使した国内・海外の最先端農業とは

GISを駆使した国内・海外の最先端農業とは

「スマート農業」とは?GISを駆使した国内・海外の最先端農業(空間情報)

日本は気候や風土といった豊かな自然環境を活かして農業を営んできましたが、近年は田畑の減少・労働者不足・食糧自給率の低下といった、さまざまな課題に直面しています。もしかしたら今後、食糧不足という危機に陥ってしまうかもしれません。少ない人数でいかに生産性を高めていくか。そのキーワードとなるのが「スマート農業」です。
ロボットやAIなど最新IT技術と農業技術を融合させる、新たな取り組みが次々と進められています。データやGIS(Geographic Information System:地理情報システム)の活用など、デジタライゼーションも積極的に推進中。その具体的な事例として、「GeoMation 農業支援アプリケーション」の活用事例をご紹介します。

POINT

1.日本の農業は田畑の減少や労働者不足など、さまざまな課題に直面。
2.今後、必要になってくるのが「スマート農業」という考え方。
3.GISをはじめとするITソリューションで、日本の農業を支援。

「スマート農業」とは?GISを駆使した国内・海外の最先端農業(空間情報)