ページの本文へ

Hitachi

デジタルソリューション

"匠の技"のデジタル化で、スマートファクトリーを実現! "匠の技"のデジタル化で、スマートファクトリーを実現!

"匠の技"のデジタル化で、スマートファクトリーを実現!

連載『スマートマニュファクチャリングの実現』#03 製造業の経営と製造現場をつなぐデジタルイノベーションの実践 (マニュファクチャリング)

製造現場において、ベテランの技術者が持つ特別なスキルやノウハウ、つまり"匠の技"をデジタル化しようという試みが広がっています。デジタル化のパターンは、業務自動化や生産性向上のための「業務を最適化するデジタル化」と、製品やサービスをデジタル化して機能強化やコスト削減といった優位性を高める「ビジネスを差別化するデジタル化」の二つ。同じく「匠」の技術も、"最適化の技術"と"差別化の技術"の二つがあり、"差別化の技術"のデジタル化がイノベーションを生む源泉と考えられています。
そのためには、最低限のシステム(ERPとMES)を導入してスマートファクトリーを実現し、国内外の工場間で相互にデータ連携ができる仕組みをつくることが重要です。日本の現場管理レベルは高く、収集できるデータの質/量/粒度は世界トップレベルであるため、このデータを最大限活用できれば競争力を維持できます。

POINT

1.製造現場における"匠の技"のデジタル化とは。
2.デジタル化の中でも"差別化の技術"がイノベーションを生む源泉。
3.MES(製造実行システム)とERP(基幹システム)の導入が、スマートファクトリーを実現させるポイント。

連載『スマートマニュファクチャリングの実現』#03製造業の経営と製造現場をつなぐデジタルイノベーションの実践
(マニュファクチャリング)