ページの本文へ

Hitachi

デジタルソリューション

クラウドサービスのセキュリティに欠かせないCASBとは? クラウドサービスのセキュリティに欠かせないCASBとは?

クラウドサービスのセキュリティに欠かせないCASBとは?

CASBの導入メリットは?働き方改革で推進すべきセキュリティ対策 (セキュリティ)

働き方改革を推し進める中で、リモートワーク(テレワーク)が普及し始めています。そのために欠かせないのが、クラウドサービスの活用。場所を選ばずに働くために重要なツールであると同時に、きちんとセキュリティ対策をしないと大きな脅威を招くことになります。
そこで注目されているのが、CASB(Cloud Access Security Broker)です。CASBはデバイスとクラウドサービスの間に設置するもので、「可視化」「コンプライアンス」「データセキュリティ」「脅威防御」の4つの観点でセキュリティリスクを低減します。今後、働き方改革の流れが進んでいく中で、クラウドに関するセキュリティ意識も高めていく必要があります。当社製品の紹介も含め、そのための対策を紹介します。

POINT

1.CASBとは何か。基本的な機能と導入のメリットとは。
2.CASBは、働き方改革を進める企業にとって有効なセキュリティ対策の一つ。
3.リアルタイムでクラウドサービスを制御、導入もスムーズな次世代CASBとは。

CASBの導入メリットは?働き方改革で推進すべきセキュリティ対策(セキュリティ)