ページの本文へ

Hitachi

デジタルソリューション

「サービス協創」で 新サービス続々と 「サービス協創」で 新サービス続々と

「サービス協創」で 新サービス続々と

DSCP Pivotal対談記事(BCN)

日立ソリューションズは、ユーザー企業との「協創」によって新しいデジタルサービスを次々と立ち上げています。日立ソリューションズとユーザー企業の双方の知見やノウハウを持ち寄り、新しい価値をつくり出すことを「協創」と位置付け、その価値創出のサービス協創基盤として「デジタルソリューション創出プラットフォーム」を構築。サービス協創基盤のPaaS部分には、ヴイエムウェアグループであるPivotalジャパンの「Pivotal Platform(ピボタルプラットフォーム)」を採用しています。日立ソリューションズが重視する「協創」とはどのようなもので、「サービス協創基盤」の役割は何なのか。具体例を挙げながら「サービス協創」にかける想いを紹介します。

POINT

1.「サービス協創」のために、「デジタルソリューション創出プラットフォーム」。
2.PivotalジャパンのPaaSを採用。
3.「サービス協創」の様々な事例と今後めざしていくこと。

DSCP Pivotal対談記事(BCN)