ページの本文へ

Hitachi

デジタルソリューション

RPAの活用こそが、働き方改革の実践に効果的! RPAの活用こそが、働き方改革の実践に効果的!

RPAの活用こそが、働き方改革の実践に効果的!

ロボットと人との未来、正しい知識で「RPA」を使いこなし「働き方改革」を加速する

2015年頃から、「RPA」(Robotic Process Automation)という言葉が広く使われるようになってきました。RPAの定義は「人間の作業を模倣し、代わりに作業を行うソフトウェアを使って、業務を代替、代行していくツールや取り組み」とされています。「RPA」が広がりつつあるのは良いことですが、日本の労働生産性は主要先進7カ国中、最下位という状況です(出典:労働生産性の国際比較(2017年度版)」)。
では、RPAを導入し、働き方改革を推進し、生産性を高めるためにはどうしたら良いか。AI(人工知能)の進歩と合わせて、単純作業しかできなかったRPAが、少しずつ「人間でなくては無理」とされていた高度な知的活動の領域に踏み込みつつあるのです。「RPA」の活用事例や導入をスムーズに進めるための準備、運用のコツを解説しながら、働き方や企業を変えて社会に新たな価値を生むための戦略を紹介します。

POINT

1.そもそもの「RPA」の意味から理解する。
2.RPAの導入が働き方改革や生産性向上につながる。
3.RPA導入の具体的な事例やポイントを知る。

ロボットと人との未来、正しい知識で「RPA」を使いこなし「働き方改革」を加速する