ページの本文へ

Hitachi

デジタルソリューション

データ活用の実践のためにすべきこととは何か。 データ活用の実践のためにすべきこととは何か。

データ活用の実践のためにすべきこととは何か。

連載『データ流通時代の日本の商機』#01 データ流通時代の現状:あたりまえの実現が王道

AI(人工知能)、IoT(Internet of Things)、ビッグデータといった言葉が頻繁に聞かれるようになったものの、実際のところどれぐらい活用できているでしょうか。ビジネスの現場においては、「産業界でデータの利活用が進まない」、「国際格差は開くばかり」、「IoTやAIは本当に儲かるのか?」といった問題提起がなされているようです。
この記事において、データ活用のために大切なのは「あたりまえ」を実現させることと主張しています。あらゆる分野において、データを見える化すること。まずはその「あたりまえ」を実践するだけで、劇的な改善を見込める分野もあると説いています。データの取得にかかるコストや経済的なデメリットばかりに目が向いてしまい、現実では意外とできてない「あたりまえ」を見つけることから、始めてみてはいかがでしょうか。

POINT

1.ビッグデータの活用は現実問題、まだ意外と実現できているところは多くない。
2.その理由としては、データ取得にかかるコストや、経済的にペイしないことによるデメリット。
3.データ利活用の第一歩として、まずは「あたりまえのデータ」を探してみることから始まる。

連載『データ流通時代の日本の商機』#01 データ流通時代の現状:あたりまえの実現が王道