ページの本文へ

Hitachi

デジタルソリューション

保守・アフターサービスのデジタル化で新たなビジネスをつくりだす! 保守・アフターサービスのデジタル化で新たなビジネスをつくりだす!

保守・アフターサービスのデジタル化で新たなビジネスをつくりだす!

保守・アフターサービスにおけるこれからのデジタルツール利活用~顧客満足度を高める保守サービス~

少子高齢化による労働人口の減少など、国内市場において製造業を取り巻く環境が大きく変わりつつあります。減少する労働力に対し、デジタルテクノロジーを駆使した取り組みをはじめ、クラウドサービスやモバイル端末を使用したソリューションも少しずつ広まってきました。この記事ではそれらの実例を紹介しつつ、「モノを売った後の保守 / サービス」といった観点のマーケティング戦略をご紹介しています。
例えば、ロールス・ロイス社の航空エンジン部門では、エンジンそのものを売るのではなく、エンジンの出力と使用時間に応じて利用者(つまり航空会社)に料金を請求するという従量課金サービスを実施しています。IoTを活用し、飛行履歴やエンジンの稼動実績を記録し、適切なタイミングで効率的なメンテナンスを実現させながら「ジェットエンジンの推進力そのものを売る」という新たなビジネスモデルを展開しているわけです。同じように、日立ソリューションズの実例も挙げながら、保守サービス実務の新たな付加価値を紹介します。

POINT

1.IoTやデジタルテクノロジーを活用すれば、保守・アフターサービスに新たな付加価値をもたらす。
2.海外の事例や日立ソリューションズの事例を挙げて、具体的なアプローチの紹介。
3.モバイル / ウェアラブルデバイス / GPSと地図情報など、ソリューションのカタチは多種多彩。

保守・アフターサービスにおけるこれからのデジタルツール利活用~顧客満足度を高める保守サービス~