ページの本文へ

Hitachi

デジタルソリューション

"匠の技"の継承で、日本のものづくりを世界に届ける。 "匠の技"の継承で、日本のものづくりを世界に届ける。

"匠の技"の継承で、日本のものづくりを世界に届ける。

連載『スマートマニュファクチャリングの実現』#02 "匠の技"をデジタル化して日本のものづくりを強くする方法

日本の製造業において強みとされているもの。それは、長年の経験と豊富な知識によって生みだされる"匠の技"です。しかしながら、深刻な人手不足や非効率的な指導方法により、この"匠の技"を継承するのが難しくなってきたといわれています。
こうした状況を打破するための試みが、「匠」が持つ暗黙知をデジタル化し、若手技術者に再現しやすいようにすること。複数のデータや判断材料を紐付けて、匠の技術を数値化することで、高い品質のものづくりを維持できるような仕組みを導入しました。"匠の技"を守りながら、さらに磨きをかけること。そして、日本のものづくりの明るい未来を目指しています。

POINT

1.日本の製造業の強みである「匠の技」が継承しにくくなっている。
2.「匠の技」というアナログな手段をデジタル化することで、若手技術者にも再現できるようにする。
3.「匠の技」を守りつつ、データ化することで、さらに改善していく動きも。

連載『スマートマニュファクチャリングの実現』#02 "匠の技"をデジタル化して日本のものづくりを強くする方法