ページの本文へ

Hitachi

デジタルソリューション

GISの活用で、さまざまな情報が手に入る! GISの活用で、さまざまな情報が手に入る!

GISの活用で、さまざまな情報が手に入る!

空間情報活用コラム第1回 AIによって加速する地理情報システム(GIS)の活用

見知らぬ土地に出かけるときの必需品「地図」。昔から"どこに何があるか"という情報を入手する目的自体に変わりありませんが、現代の地図が持つ機能はそれだけに留まりません。例えば、交通事故の予測。緯度・経度を示すシンプルな地図に、急ブレーキがたくさん踏まれた場所という走行データを組み合わせることで、「これから事故が起きそうな場所」を可視化できるのです。
GIS(Geographic Information Systems)はそのように、地球上に存在するさまざまな情報を、地図上で関連付けて応用していく仕組みを指します。このGISは交通・ショッピング・広告などのほか、建設現場・農業・インフラといった分野にまで広く用いられるようになってきました。今後もあらゆるビジネスに発展していく可能性を秘めています。

POINT

1.地図にさまざまな情報を組み合わせた「GIS」の、無限の可能性。
2.交通に留まらず、広告・建設現場・インフラまで、応用範囲は多種多彩。
3.今後もさまざまな分野において活用され、データの品質向上に期待。

空間情報活用コラム第1回 AIによって加速する地理情報システム(GIS)の活用