ページの本文へ

Hitachi

デジタルソリューション

データの利活用に求められる組織改革とビジネスモデル データの利活用に求められる組織改革とビジネスモデル

データの利活用に求められる組織改革とビジネスモデル

データ分野における水道哲学と変革管理の実現

「ビッグデータ」「データサイエンティスト」「データドリブン」といった言葉が広く聞かれるようになった現代。テクノロジーの発達により、データを適切に利活用する重要性が高まってきたといえるでしょう。そんな中、データ利活用の課題について紹介します。
特に日本において、データの収集や解析は得意とするものの、現実世界の適用がうまくいっていません。データを経営に結びつけるための組織変革、そして、松下幸之助氏の経営哲学の一つである「水道哲学」が課題解決につながると紹介しています。

POINT

1.現代のビジネスにおいて、データの利活用が欠かせない。
2.しかし、現実世界への適用には、まだまだ課題がある。
3.それを解決するのが、「水道哲学」である。

データ分野における水道哲学と変革管理の実現