ページの本文へ

Hitachi

デジタルソリューション

良いものづくりの流れを生みだす「デジタルマニュファクチャリング」とは? 良いものづくりの流れを生みだす「デジタルマニュファクチャリング」とは?

良いものづくりの流れを生みだす「デジタルマニュファクチャリング」とは?

「良い設計の良い流れ」のためのデジタルマニュファクチャリングを

近年、IoTやAIを活用した「デジタルマニュファクチャリング」の導入を進める企業や現場が増えてきました。その目的は、生産性向上やコスト削減のほか、「顧客に対する付加価値」という意味でも大切です。付加価値を担う「良い設計」の「良い流れ」を作ることが、産業現場、特にものづくり現場の使命です。そして「良い流れ」が産業競争力となります。
「良い流れ」とは何か。そして、良い流れができた後で生まれる顧客満足、価格、納期や「QCT(品質・生産性・リードタイム)の流れ改善とは。海外での事例も踏まえ、IfT (Information from Things:モノからデータを取ること)にも触れながら、現代のものづくりのあり方について考えるきっかけとしてご覧ください。

POINT

1.「デジタルマニュファクチャリング」について知る。
2.ものづくりの企業や現場において、課題とすべきこと。
3.顧客満足・価格・納期や「QCT(品質・生産性・リードタイム)」改善のヒント。

「良い設計の良い流れ」のためのデジタルマニュファクチャリングを