ページの本文へ

Hitachi

デジタルソリューション

GISとIoTで、「Society 5.0」を実現させる。 GISとIoTで、「Society 5.0」を実現させる。

GISとIoTで、「Society 5.0」を実現させる。

空間情報コラム第3回 「Society 5.0」におけるGISの役割

「Society 5.0」とは、内閣府が描いた"現実世界(フィジカル空間)とサイバー空間を高度に融合させ、経済発展と社会的課題の解決が両立する社会の姿"です。狩猟社会(Society 1.0)、農耕社会(Society 2.0)、工業社会(Society 3.0)、情報社会(Society 4.0)に続く、新たな社会とされています。「Society 5.0」において、電力、交通、通信、上下水道といった社会インフラのメンテナンスも重要なテーマとなっていて、そこに活用されるのがGIS・AI・IoTといった技術なのです。「Society 5.0」という次世代のサイバー空間においても、これらの活躍が期待されています。

POINT

1.これからの未来において、「Society 5.0」の考え方が重要。
2.その中で、GIS・AI・IoTを駆使したインフラメンテナンスに大きな期待が寄せられている。
3.「Society 5.0」の土台を支えることで社会課題を解決し、人々の豊かな毎日につながっていく。

空間情報コラム第3回 「Society 5.0」におけるGISの役割