ページの本文へ

Hitachi

デジタルソリューション

AIによる生産性の向上で、ワークスタイルが変わる! AIによる生産性の向上で、ワークスタイルが変わる!

AIによる生産性の向上で、ワークスタイルが変わる!

組織の生産性の向上第7回 AIによる業務サポートが生産性の向上をもたらす

「RPA(Robotic Process Automation)」すなわち「ロボットを使った業務自動化」は現在、主に単純な事務作業の分野で活用されています。さらに、ディープラーニング技術などを活用したAI(人工知能)を導入することで、生産性の飛躍的な向上が期待できます。例えば「質問への回答を提示」「データ分析や予兆検知」「バックオフィス業務の代行」などは、すでにAIを導入して活用している企業もあるほど。また、膨大な顧客データをAIを使って分析し、それまで人力だと数カ月かかっていた作業が1日で済み、40倍もの生産性向上を実現させた事例も存在するのです。
つまり、これから先のビジネスにおいて、AIの適切な活用がワークスタイル変革のカギを握っているといえるのではないでしょうか。「生産性向上」や「ワークスタイル」という課題に「AI」というキーワードを掛け合わせて、さまざまな可能性とあらゆるソリューションを追求していく姿勢が求められています。

POINT

1.RPAと同じくAIの活用が注目されている。
2.機械学習とディープラーニングでAIのさらなる発展に期待。
3.AIが生産性向上やワークスタイル改革のカギ。

組織の生産性の向上第7回 AIによる業務サポートが生産性の向上をもたらす